テラスハウスを内見する際にチェックすべき点!3選


騒音のチェックが大事

テラスハウスは、家族世帯や若者を中心に人気を集めている賃貸物件です。2階建ての戸建住宅が連なっている構造の集合住宅のことで、一戸建ての物件よりも賃料が安めに設定されていることが多いです。また、一戸建て住宅感覚で住むことができるために大変人気があります。ただ快適に生活するためには、内見時に騒音が気にならないか確認した方が良いです。そもそもテラスハウスは、建築費用や家賃を抑えるために隣家との境界壁が繋がっています。したがって、隣同士で騒音が伝わりやすいという特性があります。騒音によって隣の家に不快な思いをさせる可能性もあるので、内見時にチェックした方が良いでしょう。

部屋の明るさを確認しよう

テラスハウスは隣の住宅同士が繋がっている構造なので、部屋の窓が少ないです。両端のテラスハウスならば壁面に窓がありますが、両方とも隣家と繋がっている住宅は壁面に窓を設置できません。したがって、テラスハウスがある立地によっては窓から光が差し込まないために、部屋が暗い状態である可能性もあります。したがって、内見時には部屋の明るさを確認しておく必要があります。

音の響き易さを確認しよう

吹き抜けのテラスハウスは、広々とした構造なので人気が高いです。ただ吹き抜けタイプだと、一階の音が2階まで響きやすいというデメリットもあります。友人と一緒にテラスハウスで共同生活をする場合、内見時に音がどれくらい響くかチェックしておくと良いでしょう。あまりにも音が響くならばプライバシーが確保できない可能性もあるので、賃貸するのを控えた方が良いです。

千歳は空の玄関とも呼ばれ空港に近い街です。千歳の賃貸には空港にアクセス便利な場所が見つかるかもしれません。