注文住宅の購入計画を立てる際に重要なポイントは?


家族の生活スタイルと住宅の購入資金について考えよう

注文住宅は、建物の外観だけでなく間取りや室内の設備、階段の位置など様々なところにこだわることができるというメリットがあります。一般的に、注文住宅は新築の分譲住宅と比べると購入費用が数百万円から一千万円以上高くなる傾向があるため、顧客満足度が高いハウスメーカーや地域密着型の工務店に相談をして、時間を掛けて購入計画を立てることがおすすめです。最近では、それぞれの家族の生活スタイルに合った注文住宅について、プロの建築士や営業担当者が詳しく説明をしてくれるハウスメーカーや工務店の数も増えています。そこで、注文住宅の購入必要性について迷っていることがあれば、身近なところにある住宅業者の店頭へ足を運ぶと良いでしょう。

早い段階から住宅ローンの相談を始めよう

注文住宅の購入後に不安なく住宅ローンの返済を続けるには、返済期間の長さや利息、手数料の金額などに注目をしながら、慎重に借入れ先を決めることが重要となります。特に、住宅購入の際に頭金を十分に工面することができない場合には、一度に高額な資金の融資を受けられる銀行や信用金庫に相談をすることがおすすめです。大手の銀行や地域に根差した信用金庫などでは、それぞれの融資の希望者のために無料で返済のシミュレーションを行ったり、専門の資格を持つスタッフが融資に関する相談を受け付けたりしているところが少なくありません。そうした中、スムーズに住宅ローンの契約を結ぶにあたり、日ごろから色々な金融機関のローンの仕組みをしっかりと把握しておく必要があります。

高台の宅地が豊富な名古屋の注文住宅は、景観が良くて地価も安く、主要部へのアクセスも良いため人気が高いようです。