賃貸オフィスを契約する事のメリットとデメリット


SOHOから卒業し、拠点を本格的に構えたいなら

SOHOは合理的なビジネスのスタイルです。しかし自宅とワーキングスペースが、物理的に同じ空間なのでオンとオフの切り替えが困難です。また嬉しい事に趣味で始めたネットビジネスが本格的に軌道に乗ってきたら、自宅の一角だけでは狭くなるでしょう。大事な在庫や重要な書類が増えてきたら、そろそろ本格的に拠点を構える事を意識しましょう。賃貸オフィスという選択肢があり、実際にSOHOから卒業する方々はこれをよく活用します。賃貸オフィスとは文字通り賃貸契約で借りられる、事務所の事です。

賃貸アパートやマンスリーマンションのオフィス版であり、契約の手続きや審査は簡略化されています。特に駆け出しのビジネスパーソンに嬉しいサービスであり、リーズナブルなコストで拠点が設けられます。実際にオフィスを購入すると、多額の費用が掛かります。税制面で維持費も多く掛かります。また考えたくはありませんが万が一ビジネスの売上が低下した場合、オフィス購入のローン返済が滞り、八方塞がりになりかねません。

賃貸なら毎月コツコツと賃料を支払うだけであり、都心部の一等地にも拠点が構えられます。交通の便が良い駅前にすれば、クライアントへの打ち合わせも捗りますし、出張もラクラクです。

賃貸オフィスはあくまで借りている場所

賃貸オフィスのデメリットですが、賃貸アパート同様にあくまで借りている場所なので、内装や設備を自由自在にリフォームする事が出来ません。オーナーが決めた通り、ルールを守って使う必要があり、DIYなども要相談となっているのが難点です。

中央区で賃貸オフィスを借りることができます。中央区は多くの会社があるので立地が良いですし、仕事に必要な机や椅子、その他のオフィス用品が備わっている賃貸オフィスなら、すぐにビジネスを開始できます。