マイホーム購入はどうする?注目住宅のススメ


希望を叶えてくれる我が家

注文住宅は建売住宅とは異なる魅力があり、一番は何と言っても拘りを実現できることですよね。外観のデザインはもちろんのこと、間取りや窓の数など、いたるところに希望を詰め込んでいくことができます。住みたい家を造った方が暮らしの質は上がりやすく、不満を抱えながら暮らす必要もありません。自分だけのマイホームですと愛着も湧き、大切にしていきたい気持ちも増すというものでしょう。

予算に合わせた設計ができる

よく、注文住宅は高そうというイメージを持たれることがあります。確かに拘りを沢山持っていれば、それだけコストもアップしますし、予算を大幅にオーバーする可能性もあるでしょう。しかし必ずしも高く付くことばかりではありません。自由がききやすい分、グレードダウンをさせて設計することもでき、ローコストでマイホームを手に入れられるチャンスがあるのです。各自の予算に応じて建てることができるのも注文住宅ならではの良さであり、高そうというイメージだけで諦める必要はないと言えます。

資産価値が高くなる可能性も

設計次第では高い資産価値を実現できるのも注目住宅の強みです。デザインや間取りなどにはトレンドもあり、その時の人気を意識して建てられた住宅も多いです。ただ、トレンドが過ぎ去ってしまうと価値が落ちやすく、手放す時に高値が付きにくい傾向があります。一方、いつの時代も人気が高い、ベーシックを押さえた設計で作れば価値は簡単に落ちず、時代が変わっても高く売れることがあるのです。逆に個性的な住宅ですと価値がガクンと落ちる可能性がありますので、将来的に売ることを考えている場合は、設計の仕方に注意をした方が良いかもしれませんね。

注文住宅は、建売住宅と比べて費用が嵩みますが、建築士と相談をしてオリジナルのデザインを外観や内装に採用でき、経済的に余裕がある消費者の間で需要が高まっています。